僕は、「クルマの脳ドック」サービスを提供しています。

 

これは現代のコンピュータ化したクルマに安心して乗ってもらったり、買い替えの時に損しないための支援として、車検では分からない、クルマの健康状態を診断するサービスなんです。

今まではこういうサービスをしている人はいませんでした。

 

ところが、最近、ずいぶん流れが変わってきたのです。

先日は中古車買い取りで有名な「アップル」が、クルマの診断サービスを始めるよ、っていうニュースありましたし、クルマの診断に関連するサービスは、大手企業もどんどん始めようとしてますね。

それだけ重要なことで、それでいて手付かずな分野なんですが^_^

 

今日は、ネット企業?証券会社?のGMOが主催するクルマの遠隔診断サービスの、製品発表会に参加してきました!

元々クルマには関係ない業態の企業も目をつけはじめたんだな、と感慨深かったです。

 

参加者の数も多く、いよいよ診断サービスの一般化や多様化が本格的になっていく予感です!

この動きが世の中にどう影響していくか、非常に楽しみです!